Page: 1/5   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
青少年の力発進委員会打ち上げ
 

早いもので今年もあと、3日。



私の任期もこのBlogもあと3日となりました。




最近、師走ということもあり、忙しくBlog更新を怠けていました。もう書けないのに・・・。



まとめ更新したので是非見てください。






さて、今日は青少年の力発進委員会の打ち上げにお招きいただきました。



わんぱく相撲や感じる心の育成事業、



そして100キロ徒歩の旅の生活補給を担当いただきました。



すべてがロング期間の事業で、本当に忙しい1年だったと思いますが、



今日の打ち上げでのメンバーの笑顔を見れてほっとしました。



一年間、本当にお疲れ様でした!







| sakata | 22:00 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
会館清掃と総務委員会打ち上げ♪
 

今日は会館清掃が行われました。


































会館改修で会館自体はきれいですが、備品や書類整理など



多くの時間がかかりました。



参加したメンバーの皆、ありがとうございました!



事務所のレイアウトも変わってスムーズになりましたよ。









そして、夜は総務委員会の打ち上げに招いていただきました。










女性がいることも考慮してか!?  洋食のフルコースでした!





美味しかったぁ♪





このステーキ、日本列島になってますよね! レアな一枚






この打ち上げには、JC会館の運営を担ってくれる事務局員さんも参加しました。



総務委員会から日頃の感謝を込めて花束が贈られました。






本次年度総務委員長から花束の贈呈







総務委員会は総務は勿論、本年度は、広報誌の発刊も担いました。



さらに、外部広報紙を2回発行する上で、多くの皆さんんご理解を賜り、



協賛金を頂戴しました。




そして
理事会の議事録作成、合計23回+模擬3回






中間監査と総会が終わるまでまだまだ終われないのが総務委員会だけど、



先ずは本年一年本当にお世話になりました!











| sakata | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クリスマス家族会開催
 

クリスマス家族会が開催されました。



http://aizujc24.jugem.jp/?eid=96





















JC活動をさせていただけるのは家族の理解があってこそ。



メンバーのご家族の皆さん、今年も一年お支えいただき本当にありがとうございました。



私も、本当に家族に支えられた一年でした。



今日は恥ずかしながら母親も連れていきました。



何とか感謝の意を表したいけど、何か照れてしまって言葉にできない思いを、



今日この場でメンバーの力を借りて、結婚式以来に花束を贈ることができました。



本当に感謝感謝です。






長嶺次年度の御子さん



家族会を設営した会員の力醸成委員会、新入会員の皆さん



ありがとうございました。





今日は外部発行紙〜明日のために〜も会津地域に発刊されました。



本日をもって本年度予定していたすべての事業が終了しました。



感慨深いものです。  本当に一年間ありがとうございました。






家族会会場を後にして、今日はダイチャンズファイナルも開催されており、郡山へ。



そこには青木会長と14名の理事長さんたちがおりました。



青木会長をはじめ、理事長さんたちと本当に色々な話をして勇気や活力をもらいました。



本当にありがとうございました!







| sakata | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
12月例会開催
 

臨時総会終了後、12月例会が開催されました。


http://aizujc24.jugem.jp/?eid=95





出向者の報告





日本JC 国民主権実践会議 斎藤賢一君




東北地区総務情報委員会 萩生田 学君




福島ブロック 郷土愛溢れる地域創造委員会
薄 敬治君 宮森大和君 




一年間の出向本当にお疲れ様でした!





委員会報告





各種大会の設営とJC運動の受発信、HPを担い、
絵ろうそくまつり、100kmではボランティアを担当した

JC運動発信委員会 二瓶委員長







総務・財務をはじめ、対内、外部広報紙を担い、
絵ろうそくではボランティア、100kmでは事務局を担当した

総務委員会 渡部委員長






会員拡大・会員の資質向上を担い、
絵ろうそくまつりでは来場者アンケート、100kmでは安全救護を担当した

会員に力醸成委員会 深谷委員長






わんぱく相撲をじはじめ、青少年の感じる心の育成に尽力し、
絵ろうそくまつりでは親子絵付け体験、100kmでは、生活補給を担当した

青少年の力発進委員会 大竹委員長






会津を元気にする事業を担い、
絵ろうそくまつりでは、企画やボランティア、100kmでは事務局を担当した


会津の力発進委員会 柾屋委員長





三役、室長、委員長をはじめ本当に多くのメンバーに支えられ一年運動を発信

することができました。 



各報告を聞いているだけで涙腺がやばかったです。







そしていよいよこの時がきました。















平成21年度の想いをすべて乗せて、平成22年度へバトンを渡しました。


長嶺次年度理事長、よろしく頼みますよ!


そして専務として一年間本当にありがとう!










本年度の卒業生




卒業式が行われました。


また活動を共にしてきた仲間が旅立たれます。



ご卒業おめでとうございます!







本年度予定していた例会も終了しました。



昨年12月例会で理事長バッチとプレシデンシャルリースを引き継いだ時、



体中を駆け巡った重責からのプレッシャーの中、



「来年12月例会を迎えるとき、自分はどんな心境でいるのだろう?」



そんなことを思ったことを思い出しました。




メンバーをはじめ本当に多くの方々の支えのおかげで、



今は万感の思いであります。




本当に早く様々な経験をさせていただいた一年。



多くの支えに心から感謝し、本年度の最終着地を目指します。






例会を担当した中村副理事長、ありがとうございました!








| sakata | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
11月例会開催

 

卒業生を囲む会。

11月例会が開催されました。

卒業生を囲む会を迎えると、

「今年もこの時期になったんだなぁ」

と感じます。





例会前に開催された臨時理事会にて
後期新入会員2名の入会が承認されました!




20〜40歳で構成されるJCとして、毎年のことではありますが、
お世話になった多くの先輩方がご卒業されていきます。

私としては、多くの時間を共に過ごした同志が卒業してしまう、寂しさを感じます。

そして、会の冒頭新入会員のバッチ贈呈式が行われました。
先ほど理事会承認された2名の後期入会者であります。
















前後期入会の新入会員に登壇してもらいました。





本年度としては、あと50日あまりでありますが、卒業予定者の皆さんと
時間を共有できるこの期間を有意義に使い活動してくださいね。




例会では、卒業生から多くのメッセージが伝えられました。
一つ一つの言葉に青年期をJCで過ごせたことへの感謝の言葉が募られておりました。








その思いをしっかりと紡ぎ、次代へ引き継がせていただきます。




会津JCの卒業式は12月例会です!
12月までどうぞ、ご指導よろしくお願いいたします。





最後に、例会を担当した会員の力醸成委員会の皆さん。

一年間の会員拡大に尽力した皆、ありがとうございました!!



| sakata | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
会津はもっともっと元気になる!



本日、会津の力発進委員会事業の会津を元気にする事業第3弾


「会津の宝」が未来を変える


を開催させていただきました。


会津を元気にする事業へご参加いただけました皆様、
そしてご来場いただけました皆様、
または、ネットにてご覧いただいた皆様へ、
社団法人会津青年会議所会員を代表し、心から御礼申し上げます。







そして、プレゼン発表までの過程を作り上げていただきました、
グループの皆様本当にありがとうございました。
第3回目のセミナーでの5つの連携策はどれも素晴らしいものでありました。











今私たちが平穏に暮らせるこの故郷は、
互恵の精神溢れる先人から受け継いだ宝物です。
しかし、昨今の社会情勢を理由にして諦めてしまう姿や、
ならぬことが当たり前に起きる現代社会を鑑みると、
今自らがこの時代を生きる使命を忘れつつあるように感じてなりません。
今こそ、故郷を愛する熱い行動力が必要であり、
この時代を生きる責任世代として地域や社会の担い手であることを自覚する
頼もしい人材を育成しなければなりません。


幸いなことに、私たちの故郷会津を見ると、自然の厳しさと豊かさが育んだ、
誇るべき独自の伝統文化や生活習慣、それらを伝える教えや、
倫理観を養う上で模範とされる会津武士道精神が息づいており、
私たちは自分たちの住むこの土壌から多くの事を学び得られます。
また、素晴らしい教えや伝統文化が息づく自分たちのまちを誇りに、
自らが感じ考え行動される方々が多く存在し、会津形成の一役を担っています。



本事業を通じて、敬愛すべき多くの方々と情報を共有させていただき、
互いに磨きあい勉強させていただきました。
また、会津を愛する多くの方々と出会うご縁を頂戴したことに心から感謝申しあげます。
元気溢れる会津の未来を描き誕生したこの連携策が、この時代を生きる多くの人々の魂を動かし、
何事にも諦めない情熱と行動力に繋がることを切に願います。
そして我々も、今後の(社)会津青年会議所運動に活かしてまいります。



第1回目の交流人口セミナー、第2回目の広域連携セミナー、
そして本日の公開セミナーと、最初から最後までご指導いただきました、
塩田圭介講師に心から感謝するとともに、ご参加いただきました会津を愛する皆様方の
益々のご活躍を心からご祈念申し上げます。
そして本日をスタートラインとして、皆様とともに私も行動を続けることをお約束します。
本当にありがとうございました。






会津はもっともっと元気になる!

 

 

| sakata | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「告知」 会津を元気にする事業 インターネットLIVE中継!
 


本日、会津の力発進委員会の


会津を元気にする事業をネットで生中継します!


是非ご覧ください!



19時〜21時15分まで


     ↓


http://www.aizujc.or.jp








| sakata | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青少年の感じる心を育む事業





青少年の感じる心を育む事業


森の小学校


開校しました。








子どもたちにとって、日常の作られた環境を抜け出し、
自然の中に身を置く事は新たな発見や感動を生み、感性や想像力を育みます。










先ず中澤学園様のご協力をいただき、わかばの森で遊ぶ中で、
自然の環境の中での活動を通して、自由に遊ぶ子どもたちの姿から、
たくさんの笑顔や好奇心に出会いました。











そして、食事体験では、空き缶で米を焚きました。
だんだん煙が上がり、米が炊ける過程を通じて、電子ジャーの指一本作業ではなく、
口に入るまでに様々な過程を経ていただけることへ改めて感謝!















自らが焚いたご飯は言うまでもなく美味しく♪
子どもたちもたくさん食べましたね。






その後は、鳥の巣作りを行いました。
日頃我々ですら、仕事でなければ手にする機会は少ない、のこぎりやボンドを使い、
子どもたちと一緒にそれぞれ個性あふれる巣箱が出来上がりました。









鳥の餌を箱にまき、鳥の訪れを期待します。



一連の体験を通じて目にする子どもたちの表情は、本当に明るいもので、
この笑顔を守っていくのが我々の責任であることを改めて体感しました。



今子どもたちに必要なことを大人の背中で示していく。
そんな事業であります。


 

明日は、植樹体験やバームクーヘンの作成等が予定されています。








 

 

事業を終えて、マッハ(ByM田理事長の言葉)で、宮城県大崎市へ。


25日に開催される、100km徒歩の旅の東北会議に先駆けて、
本日懇親会が行われています。



明日も事業やロータリー地区大会来賓により会議に参加できないこともあり、
宮森実行委員長をはじめ、会津から3名会議参加予定ですが、



これまでご指導いただいたことや、東北チーム皆さんの支えを考えれば、
何としても会いたく、大崎へ出発しました。




懇親会半ばでの到着となりましたが、久しぶりに100km徒歩の旅恩師や、
同志の皆さんと多くを語らいました。



移動5時間、滞在1時間半の強行でしたが、本当に行って良かったです。



今後ともよろしくお願いいたします。




| sakata | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第3回後期入会オリエンテーション開催

 


第3回目の後期入会オリエンテーションを開催しました。


JCの歴史

CD・LDについて

例会・いろりについて

大会・出向について

委員会紹介



各副理事長、委員長より説明がありました。













入会候補者の皆さんいかがでしたか?
JCについて理解できましたか?


私も11年前、入会オリエンテーションに参加しましたが、
当時内容を理解できたかというと、それは難しいものでした。


しかし、11年後の私は理事長を務めております。
この11年の間、本当に多くの方々に導いていただき、教えていただけました。
そして共に活動する中で友情を育み、今では自分の糧となっております。










先ずはJCへ飛び込んでみてください。
そして共に活動してみましょう。

青年期を過ごすに最高の場所であることを約束しますよ!


| sakata | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10月例会開催
 


我々は誰に何を伝えたいのか






10月例会が開催されました。

http://aizujc24.jugem.jp/?eid=90










デザインの5段活用

〜 想いを繋げ! 情報の受発信! 〜


講師に本田陽一デザイン事務所の本田陽一氏をお招きしての講演をいただきました。





このテーマとデザインをツールとした講演で何を学べるか?



         ・

         ・

         ・



       結 果





本当に勉強になりました!







JCは事業立案の際、委員会で協議をし、理事会の協議を経て審議承認されたものが



事業として地域に発信されています。



その際、事業目的や参加対象者、対内効果、対外効果、予算など、



目的を明確化するため様々なやりとりが成されます。





その想いを事業という形にしてJC運動を地域に発信します。



その発信された内容を受信側でどう感じるか。




例えばポスターを作っても、事業計画書の目的をずらずら並べて、


主催者の名前が大きくあっても、中身は伝わりづらいと思います。









事業目的を一言で表現すると・・・ 〇〇〇〇



そのようなキャッチフレーズやデザインがあって内容があれば、



ニーズが合えば参加・参画意欲の向上に繋がると思います。






100km徒歩の旅のPR一例





PR手法以外でも



誰に何を伝えたいのか



大事なことであります。




例えば、JCの理由や、仕事で言えば売り側の理由で発信しても、



参加者や購買者が求めていなければ繋がることはありません。





対内でもそうです。



誰に何を伝えたいのか



例えば、理事長が、委員長が、発信者が、社長が 



これをやりたい



そう思っても、対象者に想いを伝えなければ理解はもえません。





デザインを通じた本日の講演で改めてJC運動や企業人として大切なことを学びました。





担当したJC運動発信委員会の皆さん、これまでの準備お疲れさまでしたm(__)m








その後のいろり(懇親会)は久々の立食形式でした。





今日は第2回後期入会オリエンテーションも兼ねての開催で、



新入会員候補者の皆さんも初めて例会に参加しました。



新入会員候補者の皆さん、JCの例会はどうでしたか?




立食形式での懇親会の中、多くのメンバーとの懇親している様子を拝見しました。



是非とも一緒に、これから色々なことを学んでいきたいものです。





| sakata | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

子供たちの観光力 (MG BOOKS)
子供たちの観光力 (MG BOOKS) (JUGEMレビュー »)
小椋唯一
5月公開例会でご講演いただいた観光カリスマ百選。小椋唯一氏著書による、子供たちの観光力。交流人口の増加の必要性や地域資源の活用方法を伝授!

Recommend

ふくしまJC山脈 福島県青年会議所運動草創期の足あと
ふくしまJC山脈 福島県青年会議所運動草創期の足あと (JUGEMレビュー »)

福島ブロック19青年会議所の誕生の背景が非常に詳しく載っています!

Recommend

会津武士道 侍たちは何のために生きたのか
会津武士道 侍たちは何のために生きたのか (JUGEMレビュー »)
中村彰彦
日本人であることを誇りに思える、大切な「心の豊かさ」が育める一冊です。

Recommend

男道
男道 (JUGEMレビュー »)
清原 和博
男の生き様を強く感じます。

■よくきらったなし

ブログパーツUL5

人気ブログランキングへ

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode